本文へジャンプ

2008年7月3日 更新 Working Woman

建築とは、前向きな気持ちを育む空間を作ること-利庵一級建築士事務所 主宰 永野 利枝さん 利庵一級建築士事務所の主宰者、永野利枝さんは住宅や商業施設のデザインを手がける際、常に「機能性に裏付けられたデザイン」を心がける。

「身を置く空間によって、人の感情は大きく変わります。住宅なら、安らぎを得られるような心地よい場所を作ることが必要。事務所や執務スペースなら、仕事に対するモチベーションを上げることが目的。空間の用途によって建物のデザインも変わってきます」。自身の趣味や嗜好、具体的なイメージを語るクライアントも多いが、要望をそのまま形にするだけでは建築デザイナーの存在意義はないと語る。「潜在的な希望、彼らが気づいていないような将来のイメージを推し量り、ともに建物を作り上げる姿勢が大切だと思うのです」。

打ち合わせには充分な時間をかける。素材の選定や周辺環境、時間の経過も考慮してトータルで建物をデザインしていく。「建物は緑と一緒になってはじめて存在しえる」という信念のもと、すべての作品にシンボルツリーを配しているのも大きな特徴だ。手がけたクライアント宅を訪れ、家族の絆が深まりコミュニケーションが円滑になっている様子を感じ、あらためてこの仕事の醍醐味を知ったという。「独立前には病院やマンションなどボリュームの大きい建物の設計を数多く経験しました。それを活かし、今後は医療施設などより社会的意義の高い仕事がしてみたい。気持ちが萎みがちな病気の時こそ、心地よい空間に身をおきたいものでしょう?」建築がもたらす心理的な効果をこれからも最大限に表現していきたいのだという。

永野 利枝

  • 1967年 高知県生まれ
  • 1990年 3月 広島工業大学工学部建築学科卒業
  • 1990年 4月 鹿島建設株式会社
  • 1993年 3月 (株)THINK建築設計事務所
  • 1995年 5月 (株)現代建築計画事務所
  • 2000年 6月 (株)ノムラアクト 四国一級建築士事務所
  • 2002年 4月 利庵一級建築士事務所設立
  • 2006年 2月 県立高松高等技術学校建築システム科 非常勤講師

利庵一級建築士事務所

設立 2002年4月
住所 高松市中央町3‐5
電話 087-831-8019

ページ先頭へ

ページトップへ戻る