本文へジャンプ

2008年11月6日 更新 Working Woman

スマートに着こなしたい、オフィスでのウォームビズ 上質なものは着心地もよく重宝するので、何枚か持ちたいですね。上着の下からビビットな色をさりげなくのぞかせては?

ビジネスマンの夏の装いとしてすっかり定着したクールビズ。それに引き換え、まだまだ感のあるウォームビズ(11月から3月までが実施期間)。地球環境を考えて、暖房に頼りすぎない働きやすく格好いいスタイルをと環境省では呼びかけているようですが、みなさんはうまく実践されていますか?

ウォームビズでは、軽さや機能性、着心地の良さが求められます。薄くて温かさを持続できるものを選ぶっていうのが大事なんですね。ですから少し高価でもカシミアなどのような素材の良いものを取り入れることが大切になってきます。またそういったものの重ね着の工夫も必要です。若い人は普段から重ね着が得意ですから、若者の着こなしから学んでみるのもひとつですよ。

よくしてしまう間違いが、上着の下に厚手のセーターを着ること。モコモコのセーターはあくまでもアウターであって、インナーではありません。北海道など寒い地域ではしっかりとした防寒アウターの中は、案外と薄着なんです。

軽くて素材のよいインナーを重ねることで保温性を高め、ウォームビズを機能的でおしゃれなものにしてほしいですね。そうするときっとおしゃれの幅も広がってくるはずです。

コラムニスト:石井 浩一(エヌ・ディー・シー・ジャパン代表取締役)

ページ先頭へ

ページトップへ戻る