本文へジャンプ

2008年12月4日 更新 Working Woman

単調になりがちな冬の着こなし、首元のマフラーでセンスアップを 今年の秋冬、女性の間ではストールや大判のスカーフが人気ですね。昨年に比べて扱う売り場面積も広がっています。洋服よりも手頃な値段で手に入り、しかも着こなしの幅をひろげてくれるストールやスカーフは、なかなか優れたおしゃれ小物といえますね。男性だってそんなすぐれもの、見逃す手はありません。マフラーをうまく使ってみてはどうでしょう。マフラーは一本首に巻くだけで、自然な立体感を演出してくれます。

選び方ですが、素材は、本来の機能「体を保温する」ということを考えても、軽くて温かい上質のものを選びましょう。次は色です。まずは手持ちのセーターやジャケット、コートと同じトーン、同じ色調のものを選びましょう。たとえば一口に「緑」と言っても、さまざまな色合いの緑があるはずです。合う色を探してみてください。傾向として、インナーとアウターを繋げる色をもってくると全体にプラスに働きますし、お得感があります。また色の冒険もマフラーならできますよね。派手なアウターを着ない人はマフラーをビビットな色、単色だけでなく様々な色が入っているものにしてみると、いつものイメージが変わりますよ。

さっと一巻きで全体の印象をセンスアップするマフラー。ワードローブに合わせて何本か持っておくことをぜひお勧めします。

コラムニスト:石井 浩一(エヌ・ディー・シー・ジャパン代表取締役)

ページ先頭へ

ページトップへ戻る