本文へジャンプ

2008年12月4日 更新 女将 杉山 由の「おもてなしのこころ」

一皿ひと皿にこめられた思いを、おもてなしとともに すっかり日が短くなり、寒い季節への移り変わりを実感するころとなりました。日暮れどきには忘年会の会場へと急ぐ人の姿も増えてきます。「この時期は、忘年会を兼ねた商用の席も増えてきますね。『錦』では椅子席または座敷のお部屋で、人数も2人から最大28人までに対応していますので、様々なタイプの宴席を楽しんでいただけます」と語るのは女将の杉山由さん。もちろん、お客様が穏やかでくつろいだ時間を過ごせるようにという願いは、いつどんなときも変わることはありません。

北から吹く風は冬という季節とともに、この時期ならではの瀬戸内の味覚や滋味あふれる野や山の幸を届けてくれます。旬を感じる、素材の味わいを大切にした料理で定評のある錦の料理も、冬の装いに彩られます。「錦ではひと月ごとに献立が変わります。お客様にその月のお料理のご説明ができるように、当然のことですが、私たちスタッフも事前準備は欠かせません」。

杉山さんが特に大切にしたいと思っているのは、料理長の「想い」といいます。料理長の恵比須敏美さんは先代総料理長の下で和食を学び、その後を継いで15年あまり。和食の基本を大切にした上での自由な発想にあふれた料理は、味わい、美しさともに魅力にあふれています。「単なる焼きもの、揚げもの、酢のものという呼び名ではなく、料理長が一皿ごとに付ける料理の名前からも思い入れの強さを感じます。料理人が100%の力で作り上げ、私たちがお客様にお出ししておもてなし。あわせて100%以上になることを常に心がけているんです」。

来てくださったお客様がひとときを楽しみ、喜んで帰っていただけること。スタッフの願いはそこにあります。寒い季節のあたたかい宴席、錦の心のこもった料理をぜひお楽しみください。

忘年会プラン

座敷割烹「錦」忘年会プラン「年忘れ集い懐石」

懐石料理+飲み放題 7000円(消費税・サービス料込)

にぎやかな会話と冬の旬味、寛ぎの和空間で2008年を締めくくる酒宴をお楽しみください。

ロイヤルパークホテル高松

ロイヤルパークホテル高松

和の心を四季の花であでやかにおもてなし。

地図:ロイヤルパークホテル高松

住所 高松市瓦町1-3-11 http://ryl.anabuki-enter.jp
電話 087-823-2222

ページ先頭へ

ページトップへ戻る