本文へジャンプ

2009年1月8日 更新 特集

その商用車、タダで手放すか、お金にするか。 純白で清楚なうどんにめでたい「紅」を一品添えて・・・年越しそばの後は、太く長~くの願いを込めた年明けうどんのお正月。

うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました。「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。
「年明けうどん」とは、元旦から1月15日までに食べるうどんのことで、メニューとしてうどんに紅いトッピングなどを添えます。

どんなメニューが年明けうどん?

純白のうどんに一点、新春を祝う【紅】を用います。
  • [例]→紅蒲鉾・えび天(練り物)
  • [例]→桜えびの掻き揚げ
  • [例]→金時人参の掻き揚げ
  • [例]→梅干し
  • [例]→海老の天ぷら など・・・

その他、ご家庭で簡単に食べられる【紅】をトッピングすれば、年明けうどんの完成です。

年明けうどんについて

「年明けうどん」は、うどんのさらなる普及と新しい麺食習慣の想像を目的に提唱させていただくものです。 これを全国的にPRし、広めてゆくことで、香川のさぬきうどんのみならず、全国の名産うどんの活性化に貢献したいと考えています。

年末には「年越しそば」を食べ、お正月にはその年の幸せを祈りながら「年明けうどん」を食べましょう。

ページ先頭へ

ページトップへ戻る