本文へジャンプ

2009年4月16日 更新 女将 杉山 由の「おもてなしのこころ」

人で、花で、そして料理で。愉しみたい季節の移り変わり 例年よりも長く楽しめた今年の桜。花びらが散った今は若葉の柔らかな緑が、さわやかな季節の到来が間近なことを伝えています。
新しい出会いや新鮮な環境での暮らしなど、4月は人で、花で、そして料理で、新しい季節の始まりを知ることができるのです。

高松中心部にあるロイヤルパークホテル高松。この5階にある座敷割烹「錦」では、季節の移り変わりを様々に、そしてさりげなく感じさせてくれます。窓越しにのぞく庭園をそよぐ風、控えめではあるけれど品よく調えられた室礼、そして中心となるのが豊かな地元香川の食材を用いて、丹精込めて調理した料理の数々。1年を通して一番気持ちが良い季節が、春から初夏にかけてのこの時期。「座敷割烹「錦」でお過ごしいただくこの宵を、豊かで実りのあるものにしていただきたいですね」と女将・杉山由さん。静かに語る女将の装いも、また華やいだ季節が感じられるものです。

商用などの会合を始め、このころは新しい出会いを祝う宴もまだまだ続きます。ぜひ座敷割烹「錦」で、心のこもった日本料理とともに豊かで寛げる時間をお過ごしください。

~料理長から料理長へ。受け継がれる料理への想い。~感謝の宴。穴吹ホテルズ日本料理の原点。料理長恵比寿敏美の率いる座敷割烹「錦」。「錦」の門を叩き、切磋琢磨し、料理長へと成長した3人の料理人。”高松国際ホテル 岡本一久” ”旅館くらしき 浪越哲二” ”クアパーク津田 谷澤和博” この3人の料理人が料理人としての故郷「錦」で、師・恵比寿敏美とともに奏でる”カルテット”をお愉しみください。

ロイヤルパークホテル高松

ロイヤルパークホテル高松

和の心を四季の花であでやかにおもてなし。

地図:ロイヤルパークホテル高松

住所 高松市瓦町1-3-11 http://ryl.anabuki-enter.jp
電話 087-823-2222

ページ先頭へ

ページトップへ戻る