本文へジャンプ

2009年5月21日 更新 女将 杉山 由の「おもてなしのこころ」

さわやかで心地よい時間を過ごしていただくために 街を彩る若葉の緑が、日に日に濃くなるこの頃。高松市中心部に位置するロイヤルパークホテル高松の周辺も街路樹のいきいきとした葉の色が夏の近さを伝えています。

同ホテルの5階にある座敷割烹「錦」でも、初夏のようなさわやかさを感じることができます。瀬戸内の気候が育んだこの時期ならではの海や野山の豊かな食材を生かし切った料理の数々と、ゆっくりと寛ぐための演出がさりげなく施された室内。「お客様が錦で過ごされる時間を、最上のものにしていただきたくて」と話す女将・杉山由さんは、お客様へのさりげない心配りに定評があります。

お待たせすることのないようにと常々考えているという女将の想いを表しているものの一つが、いつも帯の近くに身に付けているという「七つ道具」。「何も特別なものではありませんよ」の言葉通り、その道具はペンや印鑑、扇子、栓抜きなど7種類。されど、その形や大きさなどにも、和やかに流れる宴の時間を絶つことのないようにと心配りされたものでした。

今は一年で一番気持ちのよい季節。商用などの会合を始め、新しい出会いや旧知の会など様々な集まりが持たれるこのとき。ぜひ座敷割烹「錦」で、心のこもった日本料理の数々と、ゆっくりと寛げる気持ちの良い時間をお過ごしください。

水無月の逸品

座敷割烹「錦」水無月の逸品「瀬戸内あなご炭火焼」

ほどよく脂ののった「瀬戸穴子」を、
香ばしい薫りとふっくらとした
食感がうれしい炭火焼でお愉しみください。

ロイヤルパークホテル高松

ロイヤルパークホテル高松

和の心を四季の花であでやかにおもてなし。

地図:ロイヤルパークホテル高松

住所 高松市瓦町1-3-11 http://ryl.anabuki-enter.jp
電話 087-823-2222

ページ先頭へ

ページトップへ戻る