本文へジャンプ

2009年12月17日 更新 かがわ経済ナビ

首都圏で認知度が高まる「香川・愛媛 せとうち旬彩館」 開業以来、売上額・来店者数ともに順調に増加しています。

「香川・愛媛せとうち旬彩館」は、香川県と愛媛県が「東京・新橋」に、首都圏における両県の観光物産情報受発信の拠点(アンテナショップ)として、2003年3月に開業しました。1階には両県の特産品などを販売する「特産品ショップ」、2階では「さぬきうどん」をはじめとする香川・愛媛の新鮮な食材を活かしたせとうち料理を提供する「かおりひめ(香媛)」を設置しています。

開業してから現在まで、売上額、来店者数ともに増加しており、首都圏のお客様に両県の特産品の良さが認知されつつあるものと受け止めています。
香川県の売れ筋商品は、「特産品ショップ」では、生うどんの他、いりこ・ちりめん等の海産加工品、だし醤油などの調味料に人気があり、「かおりひめ」では、やはり「さぬきうどん」が人気メニューとしてお客様に支持されています。

本年度で開業後7年目を迎えていますが、首都圏のお客様に、より香川の県産品を利用していただけるよう、魅力的な商品の提供や県産品に関する情報を発信して、引き続き、本県の観光物産情報の拠点となるよう努めていきたいと考えています。

グラフ:せとうち旬彩館における売上額と来店者数の推移

地図:香川・愛媛 せとうち旬彩館

取材協力:香川県

ページ先頭へ

ページトップへ戻る