本文へジャンプ

2010年1月21日 更新 It’s me!それは私です。

他のスポーツには代え難い、馬術の魅力とは - 住友商事 四国支店長兼新居浜支店長 曽根原 滋さん 住友商事四国支店長兼新居浜支店長の曽根原滋さんが、馬術競技を通し、馬と出合ったのは、中学1年の時だ。「親父が乗馬をやっていた関係で、連れられて見に行ったんです」。自分もやってみたいと、当時、通学している中学校区をベースに行われていた馬術のスポーツ少年団に入り、たちまち馬に魅了された。「いいなあと思ったのは、まず高さ。馬にまたがると視点が変わるんです。馬の背丈も入れて約2・5mから見る景色。別世界でしたね。そして馬を自分で操作できるということ。自分の意志が通じて、馬が理解してくれる楽しさを感じました」

馬術入門はスポーツ少年団で

それからというもの、中学では所属していたテニス部で練習、土曜になるとスポ少で馬術を学ぶという日々となった。「皇居の中の皇宮警察の馬を定期的にお借りして、指導を受けました」。大会にも出場した。「都の大会も出ましたし、馬事公苑ではスポ少対抗の大会もありましたねえ」。高校入学後も馬術を続けた曽根原さん、大学に入学してからは、馬との付き合いがもっと密なものになっていく。

馬漬けの日々・・・大学時代

大学の馬術部は三鷹にあった。部員は毎日、厩舎で飼育する数頭の馬の世話に明け暮れた。一緒にいる時間が長くなってくると、馬とも気持ちが通じてくる。「なかなか大学に行けなくなりましたが(笑)」。馬術技術にも磨きがかかった。関東学生大会、オリンピック記念大会などに出場、優秀な成績を残した。

当時のパートナーは、大学所有のヘイクロウという6歳馬。競馬のレースを走っていたサラブレッドで、性質にはやや過敏なところがあった。引退して大学の馬術部にきたのだが、「大きくて過敏、最初は手に負えない馬だった。だから下級生にまわってきたんじゃないのかな」。曽根原さんは4年かけて調教した。大会の障害飛越競技と総合馬術競技にはヘイクロウと出場、成績も残した。「信頼関係ですね。つきあいが長くなると、話をしてから障害物を指さすと、自分から行って跳んで帰ってくるくらいになっていました」。実は、ヘイクロウの名前は、江戸時代の馬術家に因んだものだった。「讃岐高松藩の馬の名手・曲垣平九郎に由来しているんです。香川への転勤となって、縁を感じました」

馬がくれる「癒やし」の時間

貴族のスポーツのイメージが強い馬術競技だが、それは昔のこと。命ある動物が相手なので、餌やりや糞の始末などは毎日のことだ。「毎日の餌代は大学などの補助だけでは足りず、私たちもアルバイトに精を出しました」。馬が発する匂いも強く、馬に対して愛情を持てないと続かないものだ。「また馬をやりたいな、自分の馬を持って競技に出たいなと思いますが、それには相当の覚悟と、時間的にも経済的にも余裕が必要ですね。まあ時間ができてから、老後の楽しみでしょう(笑)」。

中学時代に出合い、馬への思いは現在も変わらない曽根原さん。馬術は他のスポーツには代え難いものがあるという。「仕事が忙しくても、乗馬クラブなどに馬を見に行くと癒やされます。馬のことを考えるだけでも穏やかになれますね」。気持ちの切り替えにも一役買っている馬とのつきあいは、これからもずっと続きそうだ。

教えて!曽根原さん

  • 質問1 香川県に来てどれだけになりますか?

    9カ月目に入りました。

  • 質問2 香川県に来てから始めたことはありますか?それは何ですか?

    スポーツクラブと読書です。

  • 質問3 週何回うどんを食べていますか

    週2回くらいです。

  • 質問4 週何回飲みにいきますか

    週2回くらいです。

  • 質問5 体にいいことを何かしていますか。それは何ですか

    スポーツジムでの水泳とゴルフの練習です。

  • 質問6 香川県でおすすめの場所はどこですか

    栗林公園、直島、金比羅さん

  • 質問7 休日はどのように過ごしていますか

    音楽鑑賞、読書、料理、スポーツ

  • 質問8 最後に香川県の印象を教えてください

    時間の流れがゆっくりで人々にゆとりがある。野菜、果物、魚、食材、お菓子など口に入るもの全てがおいしい。

曽根原 滋

曽根原 滋
  • 1953年 2月 千葉県生まれ
  • 1977年 3月 東京大学農学部卒業
  • 1977年 4月 住友商事株式会社入社木材部
  • 1984年10月 マレーシア サンダカン事務所
  • 1985年10月 マレーシア コタキナバル事務所
  • 1988年 9月 木材部長付
  • 1990年 6月 物資本部長付
  • 1991年 4月 物資企画開発室長付
  • 1994年 8月 Ipanema Shoe Corporation
    ニューヨーク駐在
  • 1995年 8月 米国住友商事株式会社業務部
  • 1999年 4月 物資企画開発室長付
  • 2000年 9月 地球環境部長付
  • 2008年 4月 環境・CSR部長付
  • 2009年 4月 四国支店長
  • 現在に至る

ページ先頭へ

ページトップへ戻る