本文へジャンプ

2010年2月4日 更新 It’s me!それは私です。

一つひとつの出会いを大切にしてきた。人とも、ものとも…… - 四国民家博物館 事務局長 吉田 博さん 現在、四国民家博物館の事務局長を務める吉田博さんは、昨年、高松市塩江町の内場池の畔に家を建てた。山あいの景色にとけ込む落ち着いた色合いと、柱と共に家を支える天井付近のむき出しの梁が印象的なこの家には、吉田さんがこれまで18年にわたって収集してきた古材や骨董、民芸品があちこちに使われ、生かされている。

収集品と一緒に単身赴任生活

吉田さんは昨春までアサヒビール株式会社に勤務、長く営業に携わった。若い頃から古いものに愛着があったが、「本格的に収集を始めたのは、単身赴任生活になってからですね」。勤務地が変わるたびに収集品も吉田さんとともに引っ越し、マンションの一室は保管庫となっていった。「家族が住んでいた家よりも、単身赴任の僕のほうが間取りが多かったなあ」

収集品第1号となったのは、囲炉裏やかまどの上につるし、かけた鍋や釜、鉄瓶などの高さを自由に上げ下げできるようにする「自在かぎ」だった。「一目でいいなあと感じた。自在かぎもそうでした。18年間ずっと持ち歩き、やっと使える家ができました」

民芸店や骨董市など、時間があればのぞいて歩いた時期もあった。骨董好きネットワークの情報網は広く、こんなのあるからいらない?と、知り合いはもちろん、会ったこともない人からも声がかかった。「譲ってくれた火鉢や箪笥などには様々なエピソードがある。それも僕が引き継いで、大切に使っています」

自分にとっての「本物」が大切

吉田さんがいいと感じるものは、道具や古材がほとんど。「竹や石、木などの素材に興味があります。素材をそのまま使っているものに引かれる。使い込まれて飴色になった木なんかは特にいいですねえ。そんなものを掘り出したい。だから、掛け軸のような品にはあまり興味がないんですよ」

探し出し、触感を確かめ、じっくりと見る。「古いものとの出合いを大事にしたい。世の中にはいい物がたくさんある。昔のものにはいいものが多いですね。若い人はすぐに捨てるけど、なんでかなと思いますね」。そうは言っても、本当に自分が欲しいと思うものとの出合いは、そう何度とはない。「目も肥えてくるんですね。いろんなものを見ることで、本物がわかるようになってくると思う。ものが持つ『強さ』が違う気がしますし、見る目の差もあるでしょうね」

一度の出会い、繋がりを大切にしたい

アサヒビールでの営業マン時代、吉田さんは骨董や民芸とのかかわりで培った感性を、開店時のお祝いなどに生かした。「京都の、ある民芸店が扱っているものがよくて、度々使わせてもらいました。竹製の魚篭を使った照明器具は多くの店に贈り、喜んでいただけた。他には座布団なども好評でしたね」。ある店のオープンには、大阪の黒門市場で扱っている鯛をお祝いにして贈った。「市場から帰ってくる時間に待ちかまえてね、松葉をしいて、紅白の紐を結んで。喜んでくれましたよ」。形式的なものではない、人とは違う贈りものというだけでもうれしいのに、気持ちが込められているものだから、ますます心に響く。

高松、大阪、東京。それぞれの勤務地で出会った人々やものとの付き合いを、今もずっと大切にしている吉田さん。それに加えて、今後は新築した家での楽しみも増えるはず。「自分にとって『本物』と思えるものを多く持つことができた。今後も大切に、長くつきあっていきたいですね」

教えて!吉田さん

  • 質問1 単身赴任は何度目ですか?

    転勤7回、単身生活18年(更新中)

  • 質問2 香川県に来てどれだけになりますか?

    もともと香川県出身ですが、今回は4月から8カ月

  • 質問3 家族のところには月何回帰りますか?

    2、3カ月に1度程度

  • 質問4 香川県に来てから始めたことはありますか?それは何ですか?

    新しく知り合った方との交流、昔からの仲間との飲み会

  • 質問5 週何回うどんを食べていますか

    毎日1食はうどん

  • 質問6 週何回飲みにいきますか

    週1回……自宅が塩江なので残念ながら

  • 質問7 体にいいことを何かしていますか。それは何ですか

    鮮度抜群の野菜(大根、ミョウガ、キュウリ、ジャガイモなど)中心の食材で、3キロ減量に成功中

  • 質問8 香川県でおすすめの場所はどこですか

    塩江温泉郷……なんと素晴らしい湯

  • 質問9 休日はどのように過ごしていますか

    山あいを散策、草取り、塩江温泉を楽しむ、いい食材を使っての料理。あっという間に1日が終わります

  • 質問10 最後に香川県の印象を教えてください

    この素晴らしい自然を、もっともっと楽しみましょう。瀬戸内海、山、池、寺、人情。いいものばかりです

吉田 博

吉田 博
  • 1947年 香川県生まれ
  • 1965年 アサヒビール株式会社入社
  • 2009年 4月 アサヒビール株式会社退社
  • 2009年 7月 財団法人四国民家博物館事務局長
  • 現在に至る

ページ先頭へ

ページトップへ戻る