本文へジャンプ

【PRIME PERSON】新しい「旗じるし」で、市場環境の変化を生き残る。 - あなぶき興産 代表取締役社長 穴吹 忠嗣さん

リーマンショックで分譲マンション市場が半減した。全国の総住宅5759万戸のうち756万戸が空き家だ。縮小する市場に少子高齢化が追い打ちをかける。
「あなぶき興産」社長の穴吹忠嗣さん(56)は、兄の英隆さん(58)が経営する穴吹工務店を目指して、独自の事業を展開してきた。2007年販売戸数国内第1位になった、その「旗じるし」が、昨年11月、四国地区過去最大の負債総額約1403億円を抱えて倒産した。

「市場環境の変化に適応できなければ生き残れない。ビジネスは他の企業と戦っているように見えますが、本当の競争相手は自社の組織です」。自分が変わらなければ現状維持の習性も変わらない。穴吹忠嗣さんは新しい「旗じるし」を掲げて立ち向かう。

※(住宅と空き家)
総務省統計局による、2008年の住宅・土地統計調査の速報集計結果。

旗じるしが無くなった

あなぶき興産は、穴吹工務店と同じグループの一員だったが、資本関係はもともとなかった。人的関係を解消して、2004年に大阪証券取引所2部(06年第一部)に上場した。

穴吹工務店の倒産で風評被害を心配したが、7百数十件あった「アルファ」マンション契約のキャンセルはゼロだった、という。「安心してはいません。マンションを買う方は、物件を比較して選びます。『サーパス』という比較対象がなくなったのが怖いんです」

穴吹工務店は大きな目標だった。「あれをまねたらいかん、これをまねしろ……社員に分かりやすい旗じるしで、基準でもありましたから、経営者として楽でした」
その目標がなくなった。需要が半減して四国・中国・九州の営業エリアで競争相手の大半が消えた。「多分西日本であなぶき興産がトップになるでしょう。これからが本番です」

※(アルファ) あなぶき興産が販売するマンションのブランド名
※(サーパス) 穴吹工務店のマンションブランド

ビジネスの話はしない

子どもの頃から二つ違いの兄に対抗心を持った。「年がもっと離れていたら言うことを聞いたでしょうが、何でも張り合ってきました」

1978年、忠嗣さんは、3年勤めた山種証券(現SMBCフレンド証券)を辞めて「あなぶき興産」に入り、岡山パークホテルを開業した。85年、ファミリーマンションの分譲事業に進出した。香川では穴吹工務店より早かった。次々事業を広げた。

穴吹工務店の状況を知ったのは去年の10月ごろだった、という。冠婚葬祭などで兄と顔を合わせても、ビジネスの話はしなかった。「なぜ支援しなかったのかと言われますが、あなぶき興産は上場会社です。株主への利益相反行為はできません。つらかったです」

法人における利益相反行為

株式会社の取締役・執行役、持分会社の業務執行社員(以下、「理事等」という)が、法人との競業行為や直接または間接の取引(利益相反取引)を行う場合は、法人と理事等の利益が相反する可能性があるため、株式会社においては株主総会または取締役会、持分会社においては他の社員全員の承認を得なければならない(一般法人法84条、197条、会社法356条、365条、419条2項、594条)。

腰を抜かして覚えた人材活用

岡山パークホテルは年中無休で24時間営業だ。「軌道に乗らない開業当初は、少人数でやりくりを余儀なくされて、朝と夜の食事も、何でも自分1人でやりました。16 時間は働けるけど、それ以上は無理です。意気込んでも腰から力が抜けるんです」

自分の限界まで働いて体が動かなくなったとき、初めて人をどう使うか考えた。「肉体労働をしなかったら人を使うコツは覚えませんね。自分の体力に自信がある間は、いくら管理者教育を受けても効果はありません」。1人が半分やってくれれば、2人で1人分だが、なかなかそこまでいかない。3人雇って1人分になると分かったという。

人に任せる

あなぶき興産は不動産を中心に、ホテルやゴルフ場、人材派遣、トラベル、指定管理者制度による公共施設の運営(アルファあなぶきホール、津田の松原サービスエリア、サンメッセ香川、高松テルサ)など、多彩な事業を展開している。

「新規事業は最初に全部かかわります。自分でやってみると半年ぐらいで商売のコツが絞れてきます。ポイントがつかめたら、人に任せます」

「任された人には自分がやりたいことがある。その人の人生のうち、1割か2割をもらえばいい」。それが穴吹さんの人材活用法だ。「全部を自分の思い通りにしようと思ったら、人格まで支配しないといかんでしょう。そんなことは不可能です。人生の2割をくれる人が10人いたら、自分のやりたい仕事は十分はかどります」

商売の方法は無限

空き家率が年々上昇している。首都圏を除くと14 ・3%(2008年度)だ。建てて売るだけでなく、顧客の預かり資産を大切にする時代に入っている。「家を買っていただいたお客様と一生涯、住まいを通じてかかわっていくことが必要です。一人暮らしの方へのサービスや介護サービス、高齢者専用住宅や老人ホーム、最終的には霊園も必要です」

非連結会社の穴吹ハウジングサービスグループは、コールセンターで、分譲4万5千戸と賃貸1万3千戸のおよそ6万戸を管理している。365日24時間見守る警備保障と同じシステムだ。そこで、いろいろなサービスも生まれてくる。

見込みで造るマンション分譲は、予測を誤ると損失は巨額になる。マンション需要が減って、大手の競合社がつぶれた今、「受注生産型ビジネスモデル」を構築するチャンスが来たとも言える。「この土地に住みたい人はいませんか……アンケートでお客さんの希望を聞いて、予約を取ってからマンションを建てるんです」

子どもが出来たら、家が欲しい。結婚や葬式に備えて会費を積み立てる、冠婚葬祭の互助会に似た会員システムだ。

自分との戦い

会社経営は環境対応事業だ。「父(穴吹夏次)が残した言葉『日々是前進』は、自然の法則です。ダーウィンの進化論みたいなもので、環境変動に適応できたからこそ、これまで何とか生き延びたんです」

自分自身と戦って、自社の組織を変える。変化した市場に適応する商品を開発しないと生き残るチャンスはない。旗じるしだった穴吹工務店は倒産した。いま、穴吹忠嗣さんの使命は、新しいあなぶきの旗じるしの創造だ。それはマンション事業というビジネスモデルを開拓した兄への対抗心であり、敬意でもある。

資産三分割法

物心ついた時から両親は経営者だった。「両親と一緒に食事をすることは、まずありませんでした。父とは、1週間に1回か2回玄関先で顔を会わせるような状態で、母も夜9時ごろまで会社にいて、それから帰って食事をして、また家でも仕事を続けていました」

父は穴吹工務店の社長、母(穴吹キヌエ)も役員だった。それに加えて個人の事業もあった。
「両親ともに戦争体験者で、父も母もお互いに再婚です。親父はグアムよりもっと南の戦地、メレヨン島で終戦を迎えた、5人に1人の生き残りです。母は北京からの引揚者で、大勢の人がバタバタ倒れていくなかで前夫を亡くしました」

両親から資産三分割法を子どもの頃からたたきこまれたそうだ。「資産三分割法は穴吹グループの事業展開そのものです。学校法人の穴吹学園(理事長 穴吹キヌエ)も、上場会社のあなぶき興産も、プライベートカンパニーの穴吹工務店も、お互いが独立しています」

戦争体験者の両親がゼロから出発して、資産三分割法でやってきたから、工務店は無くなっても、穴吹学園とあなぶき興産は生き残っている。

※(資産三分割法)
迫害され続けた歴史をもつユダヤ民族の経験から生まれた財産運用方法として有名。資産を預貯金、有価証券、不動産の三つに分けて運用すること。

穴吹 忠嗣

穴吹 忠嗣
  • 1953年 高松市生まれ
  • 1975年 学習院大学卒業、山種証券入社
  • 1978年 あなぶき興産入社
  • 1994年 あなぶき興産代表取締役社長 就任
  • 現在に至る

あなぶき興産

所在地
高松市鍛冶屋町7-12
TEL 087-822-3567/FAX 087-822-8827
http://www.anabuki.ne.jp
設立 1964年
資本金 755百万円
代表者 代表取締役社長 穴吹 忠嗣
売上高 669億2900万円(連結・2009年6月期)
年間契約数 1752戸(連結・2009年6月期)※分譲マンション
従業員数 (単体)289人(2009年6月30日現在)
(連結)1133人(2009年6月30日現在)
※契約社員及びパート社員数を含む
支店・営業所 東四国、高知、松山、岡山、広島、山口、山陰、神戸、姫路、南九州、東京

ページ先頭へ

ページトップへ戻る