本文へジャンプ

2010年9月16日 更新 動向リサーチ

銀行118行 2010年3月単独決算ベース 中小企業等貸出金残高調査 2010年3月期は前年同期比1.3%減、3年連続減少
~四国地区は伊予銀行を除く7行が減少~

銀行118行の2010年3月期単独決算の中小企業等貸出残高は、中小企業向け金融支援である「景気対応緊急保証制度」が実施されていたが、全体としては3年連続で前年同期を下回り、個別では前年同期比減少行が6割を占めた。

本調査は、銀行118行を対象に、2010年3月期単独決算ベースの中小企業等貸出金残高を調べた。なお、信託銀行4行と三井住友銀行、りそな銀行、沖縄銀行は信託勘定を含む。

(注)「中小企業等」とは、資本金3億円(ただし、卸売業は1億円、小売業、飲食業、物品賃貸業等は5千万円)以下の会社または常用する従業員300人(ただし、卸売業、物品賃貸業等は100人、小売業、飲食業は50人)以下の企業のこと。

2010年3月期中小企業等貸出金残高、前年同期比1.3%減

銀行118行の2010年3月期単独決算ベースでの中小企業等貸出金残高は、前年同期比1.3%減(4兆762億5100万円減)の291兆6949億3500万円となった。銀行118行の単独決算ベースの総貸出金残高が同2.5%減(同11兆549億7700万円減)と低迷するなかで、中小企業等貸出金残高も3年連続前年同期を下回った。

中小企業等貸出金残高、前年同期比減少行が6割

前年同月比増減額では、118行のうち74行(構成比62.7%)で貸出金残高を減らした。減少額が最も大きかったのは、三菱東京UFJ銀行1兆2272億1400万円減。次に三井住友銀行1兆2108億1600万円減、みずほ銀行7329億円減と続き、減少額100億円以上は56行(前年同期37行)となった。

これに対して貸出金残高増加行は44行(構成比37.2%)となり、前年同期比増加額では、住友信託銀行が2471億9900万円増、中央三井信託銀行2142億5100万円増、東京スター銀行1846億6600万円増、千葉銀行1841億5000万円増、静岡銀行1379億9200万円増の順。増加額100億円以上は32行(前年同期48行)だった。

前年同期比増加率は、東京スター銀行16.8%増、あおぞら銀行6.9%増、住友信託銀行4.6%増、群馬銀行4.2%増の順。

これに対して減少率は、福井銀行8.3%減、神奈川銀行7.8%減、三菱UFJ信託銀行7.3%減、八十二銀行6.9%減の順だった。

四国地区では

四国地区では、伊予銀行1行だけが272億2000万円増となったが、百十四銀行は352億8800万円減、阿波銀行は196億1400万円減、四国銀行は454億4900万円減、愛媛銀行は245億1200万円減、香川銀行は216億1200万円減、徳島銀行は152億2100万円減、高知銀行は37億8800万円減と7行は減となった。

前年同期増加率は、伊予銀行だけが1.03%増で、減少率は、四国銀行3.93%減、香川銀行2.68%減、愛媛銀行2.40%減、百十四銀行2.17%減、徳島銀行2.10%減、阿波銀行1.33%減、高知銀行0.77%減の順となっている。

地区別、10地区のうち7地区で前年同期比減少

本店所在地の地区別では、全国10地区のうち7地区で前年同月を下回った。減少率は北陸6行の4.4%減を筆頭にして、東京13行2.7%減、中国9行1.9%減、四国8行1.3%減、九州20行0.67%減、東北13行0.60%減、関東(東京を除く)19行0.005%減、の7地区だった。これに対して増加は、北海道2行が1.5%増、近畿13行0.5%増、中部15行の0.1%増の3地区だった。

内訳では、北海道(増加行1、減少行1)、東北(増加行4、減少行9)、関東(増加行7、減少行12)、東京(増加行3、減少行10)、中部(増加行7、減少行8)、北陸(増加行1、減少行5)、近畿(増加行8、減少行5)、中国(増加行3、減少行6)、四国(増加行1、減少行7)、九州(増加行9、減少行11)だった。近畿のみ増加行が減少行を上回った。

銀行118行の2010年3月期の中小企業向け貸出金残高は、全体としては3年連続で前年同期を下回った。中小企業向けの金融支援である「景気対策緊急保証制度」は、中小企業等貸出金残高の減少ペースを緩和する効果はあったものの、全体としては増加に転ずることができなかった。これは企業が設備投資に慎重で、さらに売上低迷から資金需要の低下が続いていることが影響した。さらに雇用環境の改善が進まないなかで消費も低迷していることから、依然として貸出に慎重な銀行が多い。このため中小企業向け貸出が上向くには、しばらく時間を要するものとみられる。

株式会社東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和

ページ先頭へ

ページトップへ戻る