株式会社 朝日オリコミ四国

折込広告を作りたい 折込広告を配りたい 折込広告を知りたい
 
折込広告の歴史 | 折込広告Q&A
折込広告Q&A
Q1 朝日新聞以外の新聞にも、折込広告を入れることはできますか?
A1
はい。できます。詳しくはお問い合わせください。

Q2 折込広告は、最低何部から配布できますか?
A2
新聞販売店1店の配布部数が最低枚数となります。平均的な新聞販売店1店あたりの部数は約3,000部ですので、配布にあたってはそれ以上の部数からになります。

Q3  同じサイズでも、折込広告の色(1色・2色・多色)や面(両面・片面)によって、料金は異なりますか?
A3
折込料金自体に差はありませんが、制作および印刷にかかる費用は異なります。

Q4 折込料金の目安を教えてください。
A4
料金は地域、サイズなどにより異なりますが、例えば高松市内で四国新聞にB4サイズのものを 5万部折り込んだ場合、¥165,000(税別)となります。
詳しくはお問い合わせください。(087-812-2811)

Q5 折込料金に含まれるサービス内容について教えてください。
A5
配送センターに折込広告を納品していただき、検品後、仕分け業務、販売店への配送の過程を経て 各新聞販売店から家庭に到達するまでが、料金に含まれるサービスになります。

Q6 折込広告を実施するにあたり、スケジュールを教えてください。
A6
原則として、折込配布エリア明細は折込日の4日前(土曜・日曜・祭日を除く)の17時までに決定していただき、 折込広告の納入については、折込日の2日前(土曜・日曜・祭日を除く)の12時までに当社に納品していただきます。 ただし、遠距離地区への折込および年末年始などの折込の場合はスケジュールが変わります。詳しくは折込広告が届くまでをご覧ください。

Q7 はがきを印刷、または添付した折込広告を配布したいが、できますか?
A7
はい。詳しくはお問い合わせください。

Q8  広告の内容によっては、折込できないものがあると聞きましたが、その内容について教えてください。
A8
以下のそれぞれに該当する広告については、折り込めない場合があります。
  ● 責任の所在および内容が不明確なもの
  ● 虚偽誇大な表現により読者に不利益を与えるもの
  ● 公序良俗に反する恐れのある広告
  ● 中傷誹謗広告
  ● 医薬品等を否定する内容や迷信に類する非科学的なもの
  ● 政治問題について極端な主義主張を述べたもの
  ● 不当懸賞広告
  ● 抽選券を刷り込んだもの
  ● 多重・多額の返済で困っている人に債務整理を勧める悪質貸金業者の類のもの
詳しくは折込広告取扱審査基準をご覧ください。

Q9 折込広告の制作から配布まですべてお任せしたいのですが、可能ですか。
A9
はい、可能です。ぜひお問い合わせください。

Q10  (1)折込広告のサイズについて、基準を教えてください。
(2)折込広告の形状についての制約はありますか?
(3)冊子型の折込配布は可能ですか?
A10 
(1)折込広告では、新聞1/2ページの大きさ(40.7cm×27.0cm)をB4サイズとして定めています。
(2)形状はB6以下の小さなものや、長方形以外のものについては特殊扱いとなります。お問い合わせください。
(3)冊子形のものにつきましても、特殊扱いとなりますので、お問い合わせください。

Q11 商品サンプルを添付した折込は可能ですか?
A11
取り扱い中に新聞に挟みこんだり、折り曲げたりしますので、折込広告としての配布は難しいと思います。
詳しくはお問い合わせください。

Q12 最近の折込の動向について教えてください。
A12
朝日オリコミ「全国折込広告出稿統計 1999年年刊レポート」によると、前年比で折込枚数は105.2%、 構成比の前年比較では、サイズはB2およびB4が増加、曜日別では月曜日および木曜日が増加、業種別では「各種サービス」が増加しています。 詳しいデータについては出稿統計をご覧ください。

Q13 とにかく広範囲に折込広告を配布したいんですが。
A13
当社では、全国の折込広告を取り扱っております。一度に日本全国に配布することが可能です。
ぜひ!! お問い合わせください。


お問い合わせは、
087-812-2811 までお気軽に!
(土日祝日を除く、9:00〜18:00)
ホームページからのお問い合わせも受け付けています。
お問い合わせフォームへ

 

ページトップへ

折込広告の歴史 | 折込広告Q&A