本文へジャンプ

It’s me!それは私です。

2009年12月17日号

約30年ぶりの活動で味わったのは、歌うことの喜びと感動。そしてさまざまな人々との出会い - 四国電力 取締役 土木建築部担任 中村 進さん 今年7月12 日、四国電力取締役土木建築部担任の中村進さんは、アルファあなぶきホール大ホールのステージにいた。香・・・

2009年12月3日号

様々な視点を持ち、丹念に観ること、考えることが面白さに繋がる - 日本政策投資銀行 四国支店長 藤田寛さん 木々が落葉する冬は、木立の見通しがよくなり、鳥の姿が見分けやすくなることから、バードウオッチングに適した季節と・・・

2009年11月19日号

「あっ、これ!」と心が動いたときに記憶する。風景も、言葉も。 - 住友金属工業 四国支社長 髙取和彦さん カメラは、住友金属工業株式会社四国支社長の髙取和彦さんの身近にいつもある。

2009年11月5日号

退職後の計画の一つとしてふと思いついた「三味線」の演奏。音楽の楽しさも体感するすることに - ケーブルメディア四国 代表取締役社長 藤岡良一さん この夏、四国電力池田支店長からグループ会社の一つであるケーブルメディア四国代表取締役に就任した藤岡良一さん。この8年・・・

2009年10月15日号

大学までの野球経験で得たもの。-少しでも前に進むためには、日々コツコツと努力しなければならない。- - 東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支店長 影浦泰一さん 小学校4年生の時に始めた野球が、その後の人生に大きな影響を与えたのは言うまでもない。 東京商工リサーチ四国地区・・・

2009年10月1日号

世界一難しいといわれる楽器ホルンは実に魅力的。1人もいいけれど、仲間と一緒に吹く楽しみは別格です。 - 四国旅客鉄道 高松駅長 都築高司さん 歌をうたう、楽器を奏でる、曲を聴く・・・。音楽には様々な楽しみ方がある。四国旅客鉄道の高松駅長・都築高司さんの音楽の楽しみのには、楽器・ホルンの演奏ががある。「時々、無性に吹きたく・・・

ページ先頭へ

2009年9月17日号

体系的に勉強するのが大好き。左脳で理解し、右脳で感動するという幅広い趣味の世界は、驚くべきほど広範囲 - JFEメタルファブリカ 取締役社長 坂本實さん とにかく凝り性だ。気になったら追求しなくてはいられない。その対象も幅広く、スポーツは学生時代の陸上競技に始まり、入社後のテニス、ランニングではトレーニングを積んで東京マラソン・・・

2009年9月3日号

仕事にも通ずる点は多数。テニスの「コミュニケーションの大切さ」とは - 商工組合中央金庫 高松支店長 久家幸一郎さん 商工組合中央金庫(商工中金)高松支店長の久家幸一郎さんのテニス歴は34年。その出会いは大学1年のことだった。「新入生対象の勧誘でテニス部を選びました。かっこいい、意外に易しい・・・

2009年8月20日号

笑い(ユーモア)は人生を、世界を豊かにする。しあわせだと思う気持ちと感性を養って、ユーモアをもっと自分のものに。 - 大麻学園事務局長 中井宏次さん 宇多津町にある学校法人大麻学園(設置校:四国医療専門学校)事務局長の中井宏次さんには、もう一つの顔がある。NPO法人健康笑い塾の塾長だ。

2009年8月6日号

日常から離れ、自然の中でグレと対峙する。ストレスから開放される、かけがえのない時間 - 損害保険ジャパン 高松支店長 中村茂樹さん 磯釣りの中でも、ゲーム性に富み、奥の深い釣りとして多くのファンを持つ「グレ釣り」。損害保険ジャパン高松支店長の中村茂樹さんもグレに魅せられた釣り人の一人だ。

2009年7月16日号

楽しいからはしる、走るから楽しくなる。ランニングは生活の一部です - 四国旅客鉄道 事業開発部長 松木 裕之さん 四国旅客鉄道事業開発部長・松木裕之さんの朝は、ジョギングから始まる。30分早起きして5キロほどを走る生活は、既に15年既に15年以上になるだろうか。

2009年7月2日号

音楽で感性を磨き、登山や遍路巡りで体力を鍛える。これが最良の余暇の過ごし方 - 高松地方検察庁 検事正 松田 章さん 職務上、一人ひとりの人権に深く関わることが多く、「常に神経を使う日々です」と語る高松地方検察庁検事正の松田章さん。デスクワークが中心となる管理職の今、以前にも増してストレスを・・・

ページ先頭へ

2009年6月18日号

何事にも動じない強い気持ちを持つ。今も生きる、剣道・居合道で培った精神力 - NTT西日本 香川支店長 清水 哲司さん 剣道、居合道ともに5段を保持するNTT西日本香川支店長の清水哲司さんは最近、大学時代にともに汗を流した剣道部の仲間から、稽古再開を促されることがあるという。体育会剣道部で活躍した・・・

2009年6月4日号

半年で完遂。秋から春にかけての四国霊場八十八ヶ所巡りで得たものは・・・・・・- KDDI 理事 関西総支社長四国総支社長 皆谷 茂さん 皆谷茂さんが、ニューヨークにあるKDDIアメリカから四国総支社長として赴任したのが、昨年10月。関西総支社長兼務の発令で3月末に高松を離れるまでの半年間で、四国霊場八十八カ所を・・・

2009年5月21日号

ボートで培った「目標に向かって、前にまっすぐに進む」精神が、人生を支えてきた- 竹中工務店 四国支社長 岡田 因善 「振り返ると、学生時代に熱中したボート部での経験が、人生に大きな影響を与えたと思いますね」と語るのは、竹中工務店四国支店長の岡田因善さん。

2009年5月8日号

かなりハードな島&温泉めぐり。サバイバル度は高めでも「島に住む人とのふれあいは楽しみ」- 三井住友海上火災保険 高松支店長 森本 英彦さん 三井住友海上火災保険高松支店長の森本英彦さんは昨年4月、4年間の鹿児島支店時代を経て高松に着任した。そのときに思ったことが「今度は近くの島に行けるな」。

2009年4月16日号

単独行で目指す山頂。登山は自分との対話が出来る貴重な時間- 全日本空輸高松支店長 門田 展明さん ここしばらく山登りが人気だ。普段の生活では見ることのできない雄大な風景や珍しい草花、山でしか味わえない充実感を求め、多くの人がそれぞれの体力や経験に合わせて・・・

2009年4月2日号

自分には「こう見た」という眼差しの証し。写真には私の感性が表現される- 電源開発 四国支社長 幸野 貴司さん 写ればいいとカメラ本体にはこだわらないという幸野さん。「生活の中のあるひとこまを、私の視点で切り取れたら」

ページ先頭へ

2009年3月号

太極拳の習得。それはわたしにとって、終わりのない始まり- 四国財務局長 利田 秀男さん 20代はスキーに打ち込んでいましたが、その後全く運動をしなくなりました。

2009年2月号

テニスを通じて、オンがオフにも、オフがオンにも。- 住宅金融支援機構四国支店長 香月 宏光さん 赴任先では自分にいちばん合うサークルを探す。「年齢とともに満足なテニスが難しくなってきて(笑)。楽しめるテニスがいいですね」。高松市中心部にある亀岡庭球場は、香月宏光さんの香川でのホームグラウンド。社会人になってから始めたテニス・・・

2009年1月号

月2回のタイ式ヨガ=ルーシーダットン受講がもたらす、かけがえのないリラックスタイム- NHK文化センター高松支社 支社長 柴田 京子さん ルーシーダットンのルーシーは仙人、ダッはストレッチ、トンは自分という意味。体調を整えたり体の歪みを直したりする自己整体的な要素や、筋力アップや柔軟性の向上、そして精神安定や心の・・・

2008年12月号

ツーリングで知る新しい土地の文化や暮らし。バイクといい関係、築いています。- 住友不動産ハウジング事業本部 新築そっくりさん香川支店長 温井 健次さん 実はダム好きでもある。「あの大きい建造物を下から見上げた・・・

2008年11月号

時間を見つけて応援へ。「地元スポーツを盛り上げて、もっと香川を元気にしたい」 - 日本銀行 高松支店長 渡辺 賢一郎さん 応援には積極的に駆けつける。
公共交通機関を使ったり、歩いたりを心がけて。

2008年10月号

学生時代に作った持ち歌をリメーク、新たなアレンジでよみがえる青春のうた。「記念CDを作ろうと思っています」 - パナソニック 四国支店長 上田 昌平さん ギターに出合った頃は、チューリップや伊勢正三が好きだったという。「歌うのは好きですよ」と上田さん。自作曲を家族に聴かせる・・・

ページ先頭へ

2008年9月号

好奇心や興味の幅を広げてくれた小唄との出会い - 日本たばこ産業 四国支店長 芥川 善男さん 歌といえばカラオケというのがサラリーマン世界の定番だが、芥川善男さんの場合は少し違う。小唄なのである。ここ2年は都合がつく限り、月1回のペースで金沢まで稽古に通っているという。

2008年8月号

土や自然に親しんだ少年時代の経験がベースに。バラづくりでも、仕事の場面でも。 - 大林組 四国支店長 井上 雄次さん 井上雄次さんがバラの栽培を始めたのは10年あまり前。大阪府郊外に自宅を求めたのがきっかけとなった。丘陵地という・・・

2008年7月号

「フュージョンを聴き続けて30年。未だ飽きないんですよね」サーフィンもスキーも得意な都会派 - 日本航空インターナショナル高松支店 支店長 根本 克也さん 中学、高校とロックが好きな少年だった。楽器もベースを少々・・・

2008年6月号

ボランティアのラグビースクール指導員暦20年「ラグビーが私の人生を豊かにしてくれている」-飛鳥建設 四国事業部 事業部長 青木 知男さん

2008年5月号

釣りあげる喜び、食べる楽しみ-富士ゼロックス四国 代表取締役社長 大橋進三さん 四国にきたからには、やっぱり「ハマちゃん」やりたいなあ
渓流でスタート、今は海が中心の釣りライフ

ページ先頭へ

ページトップへ戻る