本文へジャンプ

那須幹博の讃岐のほんまですか?

2010年3月18日号

讃岐の宝ものを見つけるためには? この半年間、「目からウロコ」ともいうべき郷土の宝ものについてお話してきましたが、読者のみなさまからの問い合わせの中で一番多かったのは、どうしたらそのような宝ものが発見できるのですかということでした。

2010年3月4日号

讃岐は素晴らしき 日本伝統文化の宝庫 (2)茶の湯について 徳川家康が、世継ぎを絶やさないために、朝廷の五摂家に倣って、御三家を創設。9男義直に尾張家、10男頼宣に紀州家、11男頼房に水戸家を興させたが、最初の男子が末弟の水戸家に誕生・・・

2010年2月18日号

讃岐は素晴らしき 日本伝統文化の宝庫 ―能― 「滅びてほしくない民族があるとしたら、それは日本人である。日本人は貧しいが高貴である」。詩人で外交官のフランス人、ポール・クローデルの言葉である。そこには忘れてはならない日本人の・・・

2010年2月4日号

栗林公園3 なぜ「栗林」か、などを推理する…… 栗林公園は、日本を代表する大名庭園にもかかわらず、なぜ日本三名園(兼六園、後楽園、偕楽園)に名を連ねていないのか。またそもそも「栗林」公園と名づけられた理由は、何か。資料をもとに推理した私の考えを披露させていただきたい。

2010年1月21日号

栗林公園2 日本を代表する畢竟(ひっきょう)の大名庭園・・・ 栗林公園が、なぜ多くの入園者を魅了するほど素晴らしいのか、日本を代表する畢竟の大名庭園なのか、簡単にのべてみたい。

2010年1月7日号

栗林公園1 ミシュラン三ツ星庭園、地元の人も知らない魅力とは?・・・ 新年明けましておめでとうございます。今年も、ふるさと讃岐の「メウロコ」(目からウロコが落ちる業界用語)をどんどん紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

ページ先頭へ

ページトップへ戻る