本文へジャンプ

動向リサーチ

2010年10月21日号

四国地区企業倒産集計 2010年度上半期(2010年4~9月) 件数 175件 前年度比 -5.4%(2009年度上半期 185件)
負債総額 35,495百万円 前年度比 -36.3%(2009年度上半期 55,710百万円) (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年10月7日号

全国社長、出身地・出身大学調査 社長の「地元率」、トップは沖縄県の94.1% ~社長の輩出率、都道府県トップは山形県、2位は香川県、3位は徳島県~ (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年9月16日号

銀行118行 2010年3月単独決算ベース 中小企業等貸出金残高調査 2010年3月期は前年同期比1.3%減、3年連続減少
~四国地区は伊予銀行を除く7行が減少~ (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年9月2日号

2009年全国新設法人動向調査 新設法人数は前年比4.4%減、全国9地区すべて減少
~香川県・高知県は前年比増加、徳島県・愛媛県は前年比減少~ (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年8月19日号

2009年度、四国地区年商100億円企業 企業数大幅減、売上不振の深刻さを浮き彫り
経営努力により増益なるも、依然、環境改善は弱含み (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年8月5日号

2008年度 都道府県別赤字法人率調査 香川県は全国4位の75.2%、四国地区は徳島県を全国トップにいずれも全国10位以内 (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年7月15日号

全国395金融機関「中小企業等金融円滑化法」に基づく返済猶予実績(2010年3月末) 申込件数48万3862件、うち中小企業は43万3044件
申込件数実行率は四国地区74.9%(1万2889件)
謝絶率は四国地区1.4% (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年7月1日号

「民事再生企業」の追跡調査(2000年度—2009年度)~「再生手続廃止」は5社に1社~ 民事再生手続の廃止率(廃止/手続)は全国平均19.2%、四国地区平均25.2%
都道府県別の全国トップは高知県(41.9%)、最低は石川県(8.8%)香川県はワースト6位(26.5%) (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年6月17日号

2009年飲食業の倒産状況 倒産件数が8年連続前年比増加、平成最多の789件 飲食業の倒産件数が平成最多となった。給与・賞与の減少で個人消費が低迷するなか、デフレの進展も相まって業者間の価格競争が激しさを増している。 (東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 竹 茂和)

2010年6月3日号

徳島県発祥の企業ジオスが倒産。破産申請で授業料前受金が再び問題に 英会話学校を経営していた(株)ジオスが4月20日に破産を申請した。業界大手で個人を顧客としていたため、多くの受講生に影響が広がった。2007年10月に(株)ノヴァが・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年5月20日号

香川地区企業倒産集計 2009年度(2009年4月~2010年3月) 2009年度の香川地区企業倒産状況(負債総額1000万円以上、内整理を含む)は122件、負債総額2060億1800万円であった。件数は、前年度比3.9%減、2005年度以来前年度比減少・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年5月7日号

四国地区企業倒産集計 2009年度 2009年度の四国地区企業倒産状況(負債総額1000万円以上、内整理を含む)は360件、負債総額2560億1900万円であった。件数は、前年度比20.4%減、4年ぶりに前年比で減少に転じた。 (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年4月15日号

病院・医院倒産~平成最多の59件~前年比163.8%増加!! 2009年の病院・医院(歯科医院を含む)の倒産件数は、59件(前年比23件増、63.8%増)で、平成最多となった。これまで倒産原因別では、放漫経営と業績・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年4月1日号

「社長が多く住む街」の実態調査 讃岐男に阿波女、現在は讃岐男に讃岐女!香川県高松市は11位で四国トップ! 社長がもっとも多く住む人気の街は今も昔も「東京都世田谷区」だった。6年前もトップは世田谷区だったが、今回の調査では30・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年3月18日号

世紀を超えた企業に学ぶ 『創業100年超え企業』100年倶楽部シリーズ(3)~あなたの街の100年企業(四国編)~ 四国地方に存在する創業100年超え企業は911社。100年超え企業全体の4.3%を占める。数こそ少ないが、存・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年3月4日号

世紀を超えた企業に学ぶ『創業100年超え企業』シリーズ(2) ~100年企業と業種の変遷~ 100年超え企業は、どのような事業を営みながら現在に至っているのだろうか。2009年7月末時点における・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年2月18日号

全国新設法人動向調査(2008年1月~2009年5月)リーマン・ショック後の新設法人数は減少 本調査は、東京商工リサーチの企業データベース(参考データ2009年10月25日時点:tsr-van2提供社数225万・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年2月4日号

緊急調査:全国52信用保証協会「緊急保証制度」利用状況 ~代位弁済は2259件、利用鈍化で15兆円が未消化~ 中小企業向け資金繰り支援のため2008年10月31日から開始された「緊急保証制度」が実質1年を経過した。東京商工リサーチでは11月2日から11月9日にかけて全国52信用保証・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年1月21日号

四国地区企業倒産集計 2009年(2009年1月~12月) 県別では、香川だけが倒産件数、負債総額が増加!! 大型倒産ワースト10の内香川県企業が6社!! (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

2010年1月7日号

今年の漢字も「新」? 財団法人日本漢字能力検定協会が公募で2009年の漢字として「新」を選んだ。09年の応募数は過去最多の16万1365通で、「新」は最多の1万4093票(8.73%)を占め、2位は「薬」で1万184票、3位は「政」の5356票であったそうである。
「新」が選ばれたのは、「新しいこと」に期待し、希望を抱いた1年で、政権交代により新内閣が発足し・・・ (東京商工リサーチ 四国地区本部長 高松支社長 影浦 泰一)

ページ先頭へ

ページトップへ戻る